日本ベネックス、電力を自然エネルギーで補う溶接工場

 溶接関連産業でもカーボンニュートラルに対応した生産体制を構築する動きがみられるなか、溶接工場に使用する電力の動力源を太陽光といったクリーンな自然エネルギーを効率的に利用できる発電システムにすることでコストダウンなどの効果と環境との共生の実現を目指す溶接事業所もあるようだ。
 精密板金加工による産業機械の製造を手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市・小林洋平社長、長崎県溶接協会会員)は住友商事と日産自動車との共同プロジェクト「みらいの工場プロジェクト」の一環として自家消費型太陽光発電のシステムを本社社工場で構築し、溶接機やレーザ加工機の稼働時の消費電力を自然エネルギーによって補う取り組みを実施している。

詳細ページへ

お勧めの書籍