ナカテック・水素社会を支える溶接技術

 カーボンニュートラル社会の実現を目指して燃料電池自動車をはじめとするクリーンエネルギーとして水素に大きな注目が集まる中、水素ステーションの配管などで溶接技術が大きな役割を果たしている。高圧ガスプラント設計製作・検査などを手掛けるナカテック(福井県坂井市、中山浩行社長、福井県溶接協会会員)は市内にあるグループ会社のパイプラント、日本海産業と連携し、高圧水素用ステンレス鋼管「HRX19」に対応した溶接士による溶接技術の確立に成功した。同社技術開発研究所の羽木秀樹所長は「水素ステーションを安全で長期...

詳細ページへ

お勧めの書籍