Welding Mate

ルポ

石垣島と首都圏でのパラレルワーク実現 人手不足に負けない溶接事業展開 上代工業(株)代健一社長

石垣島と首都圏でのパラレルワークと聞くと、IT企業を連想する人も多いだろう。しかし、それを溶接事業所が実現した事例として注目されているのが、神奈川県川崎市の上代工業だ。人材不足が大きな課題とされる溶接業界にとって、パラレルワークによって人材難を解決した事例は大きなヒントの1つとなるだろう。今回のWelding Mateでは、業界内外から期待がかかる同社の取り組みを主導している上代健一社長に話しを聞いた。

ルポ

溶接を軸に次々と事業展開し続けるノンストップ経営 上代工業株式会社の上代健一社長に聞く

イノベーションやデジタルトランスフォーメーションなど、毎年のように出てくる事業加速のキーワード。しかし、「実際に成功した事例」は多いとは言えないのが現状だ。そんな中、「BtoCの新規事業展開」「デジタル化」「外国人技能実習生の積極雇用」「溶接女子活躍の場の拡張」「ユニークな福利厚生」など、とにかく事業改革のキーワードに挑戦し続けることで、一定量の成功を収めた溶接事業所の、上代工業の上代健一社長に話を聞いた。

技能者

令和の職人は「てやんでい」と言わない 上代工業(株)力石璃乃さんインタビュー(溶接ニュース2024年2月13日号より)

多くの女性技能者にとって、溶接事業所に入社する時のハードルの1つが「怖い人ばかりだったらどうしようか」ということだと聞く。一方で、実際に職人が怖い人ばかりかというと、「入社してみたら先輩溶溶接士は優しい人ばかりだった」という話しも、同様によく耳にする。今回のWelding Mateでは、神奈川県川崎市の上代工業に入社してみた印象と溶接の魅力をインタビューした。

技能者

見習い溶接士の心意気 (株)渡辺建鉄工業 髙梨美香さん(溶接ニュース2024年3月5日号より)

溶接作業を行う女性の姿を見かける機会が増えてきている。慢性的な人手不足を課題とする溶接業界だが、最近では女性の技能者が工場のみならず、工事現場で活躍する姿も散見されるようになった。株式会社渡辺建鉄工業に入社した髙梨美香さんも、現場溶接士の1人だ。見習い溶接士として、日々、技能向上に慢心する高梨さんに、溶接の魅力や、溶接士になった理由について話を聞いた。

その他

1人1基のロボット時代を夢想する 遠隔操作溶接ロボットシステム 高丸工業(株)高丸正氏(溶接ニュース2024年2月27日号より)

1人に1台のスマートフォンが当たり前の時代、「1人1基のロボット」の時代を夢想する研究者や経営者は数多い。兵庫県に本社を構える高丸工業もその1社だ。しかし高丸工業が見据える近未来は、夢物語りではなく、既に一定量の実証実験に成功し、「1人1基のロボット時代に向けた技術開発」を着実に進めている。今回のWelding Mateでは、高丸工業の代表取締役を務める高丸正氏に話を聞いた。

技能者

群馬県で日本最大規模の高校生溶接コンクール開催 利根実業高校(溶接ニュース2024年2月13日号より)

群馬県では、2024年1月27日に「群馬県学生溶接技術競技大会(群馬県・群馬県溶接協会共催(産報出版後援)」が実施された。このコンクールは、国内高校生に向けた溶接コンクールの中では最大規模の70人以上が参加するのが特徴となる。国内最大規模の溶接コンクールの中でも、前回優勝者である宇敷怜奈選手を要する利根実業高校の参加選手に話を聞いた。

技能者

OB・教諭・学生が一丸となって溶接コンクールへ 向の岡工業高校 (溶接ニュース2024年2月20日号より)

溶接の業界で、常に注目を集めている向の岡工業高校。理由は高校生の溶接コンクールで神奈川県を制した優勝者を、過去、多数輩出しているいこと。加えて、教師陣だけでなく、OBが応援に駆け付けて、一丸となってコンクールに臨む姿にもある。そんな向の岡工業高校のメンバーを取材した。

ルポ

時価4億円の乗り込み型操作ロボットを作った南鉄工所の溶接事業(溶接ニュース2024年1月16日号より)

世界中で話題になった国産4億円ロボットを開発したのは超大手企業でも、政府の軍事機関でも、ものづくりが得意なIT企業でもなく、7人の町工場だ。そんな、「発明が大好きなだけ」と自称する町工場、南鉄工所を徹底的に取材した。

ルポ

乗りこみ操作する大型国産ロボットを手掛けた7人の町工場(溶接ニュース2024年1月16日号より)

4億円以上の値段が付き、世界中から注目を集める人乗車型操作ロボット「アーカックス」。昨年より大きな波紋を呼ぶアーカックスの製造にも溶接技術は欠かせない技術であり、何より驚きなのは、7人の町工場が製造・組み立てにあたっているという事実だ。本記事は、アーカックス製造を縁の下で支えた町工場、南鉄工所を取材したものである。

技能者

溶接士の日常描いた小説「我が手の太陽」 作家:石田夏穂さんインタビュー(溶接ニュース2024年1月2日号より)

2023年度に、第169回芥川賞候補作ノミネートされた、溶接士を主人公とした「我が手の太陽」(講談社)。溶接士として働く主人公「伊藤」の、何気ない日常でありながらも、細部まで作り込まれた世界観を、表現しているのは、作家である石田夏穂さんだ。石田さんは、小説家としてだけでなく、会社員として施工管理も行っているために、リアルな描写を実現できたという。そんな石田さんに作品の魅力や、小説家としての考え、施工管理の仕事を通して感じる溶接作業の奥深さなどについて話を聞いた。

1  2