JFEスチール、接合位置最適化技術を開発

JFEスチールは12月12日、三菱自動車工業が「JFEトポロジー最適化技術」を採用したと発表した。トポロジー最適化技術は、与えられた設計空間から要求特性に対し、最も効率のよい材料の分布を求めることができる解析方法。最も自由度の高い構造最適化手法の一つで、従来は鋳物や樹脂の形状最適化に用いられていた。  「JFEトポロジー最適化技術」は、トポロジー最適化の解析プロセスについて、JFEが初めて、薄板からなる量産車体での部品接合位置最適化に応用したもの。車体剛性を効率的に向上させる接着剤の塗布位置を、...

詳細ページへ

お勧めの書籍