岩谷など、世界最大規模の水素エネルギーシステム開発へ

 東芝、東北電力、岩谷産業は世界最大規模の水素エネルギーシステムの開発検討に着手する。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発」に共同で提案し、9月29日、委託事業の採択を受けた。  同事業では、福島県内を実証エリアとして、世界最大規模の水素製造装置を備えた貯蔵・輸送、活用までを含む水素エネルギーシステムの構成と仕様を検討するとともに、事業可能性を調査し、2017年9月までに結果をまとめる予定。太陽光発電や風力発電などの再...

詳細ページへ

お勧めの書籍