JIS改正案、6件承認/超ハイテンの溶接検査に対応

 日本工業標準調査会(JISC)標準第一部会の金属・無機材料技術専門委員会(長井寿委員長)は1月16日、東京・千代田区の経済産業省で第10回会合を開いた。日本工業規格(JIS)の審議のなか、溶接関係では「スポット溶接部の検査方法」、「軟鋼、高張力鋼及び低温用鋼用ティグ溶接溶加棒及びソリッドワイヤ」など6件の改正案を承認。委員の指摘を受け必要な修正を行うものを含め、今後承認の済んだ規格から順次公示する。  溶接関係は、日本溶接協会が原案作成団体のZ3140「スポット溶接の検査方法」、Z3316「軟...

詳細ページへ

お勧めの書籍