産総研、加工用レーザのパワー制御システム開発

産業技術総合研究所は、物理計測標準研究部門応用放射計測研究グループの沼田孝之主任研究員が加工用の高出力レーザのパワーを高精度に制御するシステムを開発したと発表した。高出力レーザは、複合材料などの加工が難しい材料の切断や、自動車ボディの溶接などへの利用が拡大している。  今回、対向する2個のプリズムからなる素子を用いて光の反射量を精密に調整することで、高出力レーザのパワーを高精度に制御するシステムを開発した。このシステムを用いて、2キロワット/平方センチの加工用レーザを制御し、パワーの揺らぎを0...

詳細ページへ

お勧めの書籍