検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2021/11/20

第1456号

●《トップニュース》電力中央研究所第16回PD試験委員会を開催 
電力中央研究所・PDセンターは10月25日、電力中央研究所内(東京・千代田区)でオンライン会議を併用するハイブリット方式で「第16回PD試験委員会」(高木敏行委員長・東北大学)を開催した。冒頭で高木委員長は「昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により、完全なオンライン方式での試験委員会の開催であったが、秋に入り国内の新規感染者の大きく減少し、オンライン会議を併用したハイブリット方式ながら対面での委員会が2年ぶりに開催できたことを嬉しく思う。開催にあたって協力感謝したい」と述べた。その上で「PWR方式の原子力発電所の再稼働に向けての動きが進行し、PDセンターやPD資格の認証制度についての信頼および、重要性はなお一層、認知されている。一方で、BWR方式の原子力発電所の再稼働が進んでおらず、PD資格を活用する機会が少ないという課題もある。今後の制度運用の拡充や継続性の確保に向けて活発な議論をしてもらいたい」と述べた。
香川高専「香川鋼橋高等専門学校」特別開講
2021JSNDI秋季講演大会開催
探傷器持ち込み講習会、オリンパス、福岡地区で初開催

詳細はこちら

2021/11/05

第1455号

●《トップニュース》逸見氏(CIW検査業協会前会長)お別れの会、100人超が別れ惜しむ 
2021年6月に71歳で亡くなったCIW検査業協会の逸見俊一・前会長の「お別れ会が」10月26日、東京千代田区のレベル21東京会館で開かれ、100人を超す参列者が故人をしのんだ。冒頭挨拶に立った同協会の安藤純二会長は逸見氏の功績として、不正検査撲滅運動、契約適正化運動、明日を担う次世代のための非破壊検査セミナーを挙げたうえで「東京都鉄骨溶接部検査会社の登録制度の事務局を協会で行い、定着させたことによって。鉄骨溶接部の品質確保に大きく貢献した」と語り、逸見氏の遺志を引き継いで活動していく方針を示した。
大岡氏(日本非破壊検査協会・顧問)内閣総理大臣表彰
2021「次世代のための非破壊検査セミナー」開催・愛知総合工科高校
日溶協第2回AN委員会を開催

詳細はこちら

2021/10/20

第1454号

●《トップニュース》NECネッツエスアイ、異音検知AIソリューション 
検査技術者不足が叫ばれるなか検査やモニタリングの自動化・省人化の技術として可視光カメラとAIを組み合わせて外観検査を自動化するサービスや製品の開発が進むが、AIが音を聞くことで内部の故障や欠陥も検知可能な検査システムにも注目を集める。NECネッツエスアイは現場における各設備から発生する稼働音を収集分析し、異常音を検知することで故障を検知するシステム「異音検知AIソリューション」のサービスを提供している。同システムはHmcommが開発したAI異音検知プラットフォーム 「FAST―D」を利用したもの。AI異音検知とは、機械やモノ、生物が正常稼働している場合の音と、異常な状態になっている場合の発する音を機械学習させることで、安定的なモニタリング、異常発見、予兆検知 などに役立てる技術。
ハイボット、小型ロボットで厚み検査に成功
ジャスト「情報化促進貢献個人等表彰」受彰
理化学研究所、オリエンタル白石・中性子で塩分濃度をNDT

詳細はこちら

2021/10/05

第1453号

●《トップニュース》JANDT「創設50周年技術討論会」開催、アフターコロナのNDTを議論 
日本非破壊検査工業会(JANDT、松村康人理事長)は9月16日、オンライン上(ZOOM)で「日本非破壊検査工業会創設50周年技術討論会(第17回技術討論会)」を開催(共催・川崎市産業振興財団)し、140人を超える参加者が参集した。同討論会は22年に同工業会が創設50周年を迎えることに際しての記念事業として開催されたもので「アフターコロナにおける非破壊検査のあり方と展望について」をテーマに開催。
イクシス、インフラ検査にみちびき活用
日溶協CIW・21年度後期総事業者数、112社
東洋検査工業・新社長に的場氏就任

詳細はこちら

お勧めの書籍