電子版ガスメディア

人類が活動する全ての場所で使用されるガス全体を網羅した電子版メディア。産業用、医療用に利用される酸素・窒素・アルゴンをはじめ、次世代エネルギーとしても期待される水素、家庭用LPガスなどの一般情報まで、ガスに関するあらゆる情報を幅広く掲載し、国内外の最新動向をきめ細かく発信。毎週火曜日発行。

購読のお申し込み

一覧ページ

2021/11/30

岩谷産業 中間連結決算 増収増益、経常利益が中間で過去最高に

 岩谷産業の2022年3月期中間連結決算は、売上高2970億0500万円(前年同期比18・7%増)、営業利益136億7700万円(同112・3%増)、経常利益165億5400万円(同87・3%増)、親会社株主に帰属する純利益102億9500万円(同82・6%増)で増収増益となり、経常利益は、中間期としては過去最高益になった。...

詳細はこちら

2021/11/30

大陽日酸 酸素・窒素・アルゴン10%以上値上げ

 大陽日酸は2022年2月出荷分より、酸素・窒素・アルゴン(液化ガスローリー製品)の出荷価格を改定する。改定幅は電気料金上昇分としており、現行出荷価格に対し平均10%以上になる。セパレートガス以外の一般高圧ガスやエレクトロニクス向け特殊ガス、バルク以外のシリンダーガスなどについても値上げする。...

詳細はこちら

2021/11/30

昭和電工 電子材料用高純度ガスを20%以上値上げ

 昭和電工は来年1月1日納入分から電子材料用高純度ガス全般を20%以上値上げする。電子材料用高純度ガスは半導体・ディスプレイ・窒化ガリウム系LED等の製造において、エッチングガス(基板の上を覆う薄い膜に微細な溝や孔を刻み付けて電子回路等を作るガス)やクリーニングガス(製造設備内に付着する不要な化学物質を取り除くためのガス)として使われている。...

詳細はこちら

2021/11/30

大陽日酸と高圧ガス工業が 充填工場を統合・集約し、設備リプレース

 大陽日酸と高圧ガス工業は、北九州地区と千葉地区の2ヵ所でシリンダーガス充填工場の統合と集約を行い、省力化のための設備リプレースを実施する。北九州、千葉地区でのシリンダーガス充填工場は共に老朽化が進んでおり、両社がそれぞれで更新を行うことで生じる二重投資を避けると共に、シリンダーガスの生産性と品質管理を向上することが目的になる。2社の技術の結集により、医療用酸素の自動充填をはじめとする省力化システ...

詳細はこちら

お勧めの書籍