電子版ガスメディアバックナンバー

人類が活動する全ての場所で使用されるガス全体を網羅した電子版メディア。産業用、医療用に利用される酸素・窒素・アルゴンをはじめ、次世代エネルギーとしても期待される水素、家庭用LPガスなどの一般情報まで、ガスに関するあらゆる情報を幅広く掲載し、国内外の最新動向をきめ細かく発信。毎週火曜日発行。

購読のお申し込み

一覧ページ

2021/09/14

経産省概算要求 エネルギー対策特別会計要求8242億円、10・6%増

 経済産業省は8月末に令和4年度の概算要求を提出した。このうち、資源・エネルギー関係の概算要求は8242億円で前年度当初予算額に対し10・6%増だった。我が国は2050年カーボンニュートラルに向かい、水素エネルギーの開発、コストダウンなどが急務になってきている。...

詳細はこちら

2021/09/14

小池メディカル、酸素流量計「フロージェントルアイハーG形」発売

 小池メディカルは使用可能時間を3段階で目安表示する、ボンベ用酸素流量計「フロージェントルアイハーG形」の発売を開始した。圧力と流量に加え、電源なしに圧力計の針が示す窓の色で酸素ボンベの使用可能時間の目安を、(1)60分以上(緑色)、(2)30ー60分(黄色)、(3)30分以内(赤色)の3段階で表示する。これにより「使用可能時間の把握ミス」を無くし、圧力計を確認することで医療現場での「バルブの開け...

詳細はこちら

2021/09/14

大日本アガ 大府事業所、BCP対策 順次拡充

 大日本アガ(鋤柄喜彦社長)が進めてきた大府事業所(愛知県大府市)のBCP(事業継続計画)の第一段階が完了した。このほどLPG燃料の非常用電源設置2基を設置し、10年以上をかけて進めた整備にひとまず区切りがついた。東南海地震の発生が予想される中、災害発生時の事業継続と共に業界活動の拠点とする考えも温めている。...

詳細はこちら

2021/09/14

東京高圧山崎 2021年5月期決算、売上高118億8530万円

 東京高圧山崎の2021年5月期決算は売上高118億8530万円、営業利益1億3900万円、純利益4800万円だった。配当は50円。当期から決算期を3月期から5月期に変更したので、前年同期との比較は行っていない。...

詳細はこちら

バックナンバー

お勧めの書籍