溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/05/16

【第3194号】

●《トップニュース》
鉄骨需要、3年ぶり増の510万t

産報出版がまとめた2016年4月―17年3月(年度ベース)の鉄骨推定需要量は、前年度比2・8%増の510万3650tと3年ぶりに増加した。500万t台は3年ぶり。鉄骨(S)造は同3・4%増の499万5100t、鉄骨鉄筋(SRC)造は同20・4%減の10万8550tで推移した。
 国土交通省が4月28日付で発表した16年度建築着工統計調査報告によると、全建築物の着工床面積は前年度比3・7%増の1億3419万平方メートルと3年ぶりに増加した。公共の建築主は同4・4%増の740万平方メートルと3年連続の増加。民間の建築主は同3・6%増の1億2678万平方メートルと2年連続で増加した。
【特集】日東工機、2017パート3チャレンジセールスタート
16年度溶接材料、出荷は4%減
国交省、造船向け溶接技術開発を支援

詳細はこちら

2017/05/09

【第3193号】

●《トップニュース》
第8回関東甲信越高校生溶接コンクール開催

東部地区溶接協会連絡会(志賀啓介会長)と日本溶接協会東部地区溶接技術検定委員会(中込忠男委員長)は4月22日、神奈川県藤沢市の神鋼溶接サービス研修センターで「第8回関東甲信越高校生溶接コンクール」(後援=日本溶接協会/特別協力=産報出版)を開催した。17校から22選手が出場し、長野県中野立志舘高校3年の高木陽翔選手が総合点196点(200点満点)で最優秀賞の栄誉に輝いた。
春の叙勲・褒章、8氏が受章
ウエルディング・フォーラムin西日本、出展社説明会開く
【特集】2017東京ウェルディングフェスタ

詳細はこちら

2017/04/25

【第3192号】

●《トップニュース》
溶接学会春季全国大会開催、90件の研究発表

溶接学会(南二三吉会長)は4月19から21日までの3日間、東京・千代田区の学術総合センターで2017年度春季全国大会を開催した。「アーク溶接」、「溶接冶金」、「FSW」などテーマ別で分類した90件の研究発表を中心に、特別講演、シンポジウムなどを行った。南会長は昨年に発表した溶接学会と日本溶接協会の連携に触れ「将来に向け連携した人材育成が重要」と述べた。会期中の通常総会で行った表彰式では、粉川博之氏(東北大学名誉教授)が溶接学会賞を受賞した。
新入生22人未来への一歩、日本溶接構造専門学校入学式
【特集】2017中国・四国ウェルディングフェスタ
全国選抜高校生大会を企画、8月、新居浜で開催

詳細はこちら

2017/04/18

【第3191号】

●《トップニュース》
4―6月鋼材需要、0・9%増の2330万t

経済産業省は4月6日、2017年4―6月期の鋼材需要が前年同期比0・9%増の2330万tになる見通しを発表した。国内で最も溶接材料出荷量の多い需要部門である建設は前年同期に比べ1・6%増とソリッドワイヤを中心に堅調な需要が見込まれる半面、建設に次ぐ造船は4・1%減の見通しで、FCWなどに影響が及びそうだ。
川崎重工、商船建造、軸足を中国へ
【特集】九州・沖縄、溶接業界の現状と課題
茨城工技セ、ロボットとIoTの模擬スマート工場設置

詳細はこちら

お勧めの書籍