溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/06/13

第3198号

●《トップニュース》
主要2団体新会長に 橋建協・鉄建協

溶接業界の屋台骨を支える橋梁、建築鉄骨主要2団体トップが交代した。橋梁建設に関わる正会員31社で構成する日本橋梁建設協会は日本ファブテック社長の坂本眞氏、鉄骨ファブリケータを中心に同17社で構成する鉄骨建設業協会は駒井ハルテック社長の田中進氏が新会長に就任した。坂本氏は、国内道路橋受注初の20万t割れを受け「鋼橋の需要回復に向けて全力を注ぐ」、田中氏は堅調な動きを見せる建設業界での今後の繁忙期を控え「生産性の向上や働き方改革を図る」と所信を述べた。
【特集】日本溶接構造専門学校
21日開幕、2017ウエルディング・フォーラムin西日本
衝撃に強いマグネシウム合金開発、NIMS

詳細はこちら

2017/06/06

【第3197号】

●《トップニュース》
高校生対象に溶接練習会

新居浜市制施行80周年を記念して8月5日、新居浜市ものづくり産業振興センターで、日本溶接協会全国指定機関委員会各地区連絡会から選抜された高校生約30人による「全国選抜高校生溶接技術競技会in新居浜」が開催されるが、去る5月22日、東京・目黒区の日本工業大学駒場高校で開催した高校生対象の練習会(東京都溶接協会主催)に同全国競技会東京都代表選手の東島健太さん(日本工業大学駒場高校機械科2年)が参加した。東島選手の指導にあたったのは、東京都溶接協会の青木貞夫講師。競技課題のN―2F(被覆アーク溶接中板下向裏当て金なし)のポイントなどを指導した。
【特集】全溶連大会2017兵庫
17年度ロボット生産額は7500億円を期待
自動車技術会賞に溶接関係2件

詳細はこちら

2017/05/30

【第3196号】

●《トップニュース》
日溶協、溶接技能者教育事業に本腰

日本溶接協会は溶接技能者(WO)教育事業を本格的に立ち上げる方針を固めた。これまで全国の各日溶協指定機関が自主的に行っていたものを体系化する。認証と教育の各事業は分離し、教育事業は新たに組織する日溶協の教育委員会が指定機関に委託して実施する。
【特集】ステンレス鋼の溶接
日本溶接材料工業会、新会長に妙中氏
原子力機構、レーザ・ウォータージェットではつり除去

詳細はこちら

2017/05/23

【第3195号】

●《トップニュース》
溶工振、木原賞・金澤賞授与式開く

溶接接合工学振興会(野本敏治理事長)は5月10日、東京・品川区のニューオータニイン東京で2017年度木原賞、金澤賞授与式を開催。木原賞受賞の岡内宏憲氏(川崎重工業)、山崎洋輔氏(日立造船)氏、金澤賞受賞の平田弘征氏(新日鉄住金)、和田国彦氏(東芝)の表彰と受賞プレゼンテーションが行われたほか、日本溶接協会会長の粟飯原周二氏(東京大学)が「ぜい性破壊研究の最近の動向」と題した特別講演を行った。
デジタルRTがJISに、JISC制定案を承認
NEDO、輸送機器軽量化テーマに、2テーマを採択
【特集】2017ウエルディング・フォーラムin西日本

詳細はこちら

お勧めの書籍